CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
身近にあるコミュニケーションを紹介するブログ
■天王洲、幕張、西新井、カンクンから交代で執筆中
■メグロ大学の紹介(http://megurodaigaku.jugem.jp/?eid=362)
<< デト女優 | main | つながる、つながらない。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
シンポジュームではなく、シンポシオン。
広告批評『クリエイティブ・シンポシオン2009』

広告批評のファイナルイベント。

青山ブックセンターオンライン
のチケット販売から遅れて、
広告批評(マドラ出版)のHPでもようやく公開。

このへんも広告批評っぽい
っちゃ、そうだけど。

タイムスケジュールみるだけで。
広告ミーハー魂がきゅんきゅんです。

最後の最後。
『言葉の宇宙』でおしまい。

イッセー尾形と谷川俊太郎と
高橋源一郎と天野祐吉。

3/14の『広告のこれから』よりも
広告のこれからっぽい内容な予感。

古代ギリシアやローマの貴人(奇人?)たちは、夜な夜な集まって「シンポシオン」で遊びました。一回ごとにテーマをきめて、グラス片手におしゃべりを楽しむ。いまのシンポジウムの原形ですが、いまどきの形骸化したそれと違って談論風発、究極の大人のレジャーといったものでした。プルタルコスの遺した記録によると、そのテーマは――*宴会の幹事はどういう人物であるべきか。*「恋は人を詩人にする」とはどういうことか。*鶏と卵はどちらが先か。*宴会の料理はめいめいに盛り分けるのと、大皿からめいめいに取り分けるのとどちらがよいか。*性交に適した時とはいかなる時か。*アルファはなぜアルファベットのはじめにあるのか。――といったぐあいです。それにならって、というわけでもありませんが、「広告批評」もいよいよ最終号を迎えるにあたって、数日間にわたってシンポシオンを実施、その成果を最終号の誌上に掲載しようと思い立ちました。共通テーマは、「なんのためのクリエイティブ」。古代人ほどおしゃれにはできませんが、悪ふざけでなく、かといってくそまじめでなく、あくまでしなやかで、自在な放談会にしたい。「シンポジューム」ではなく、あえて「シンポシオン」と名づけたのは、そんな思いからです。


(ころすけ)
------------------------
さいごに。
一生あるのかと思ってた。 
| ころすけ | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:24 | - | - | pookmark |









http://megurodaigaku.jugem.jp/trackback/601